紅葉情報 No.3

【新着】(記・2021年11月11日)

オハツキイチョウ全葉黄色になりました。
11月に入り急速に紅葉が進み、6~7日は紅葉のピークでした。
文化の日(11月3日)、週末の土・日は、好天に恵まれ大変大勢の皆様のご参拝を頂きました。
10日現在、桜・広葉樹の落葉が始まり、いよいよ今期の最終章へ向かっております。
ドウダンツツジオハツキイチョウはもうしばらく楽しめそうです。
パラパラと散り始めたイチョウの中に『オハツキ』が見つかると思いますので、お急ぎの方は早めにお越し下さい。
次の大凍みで、全葉落葉すると思われます。
『子宝・安産お守り』を頂く大チャンスです。
ホームページライブカメラの落葉状況をご確認下さい。

紅葉情報 No.2

(記・2021年11月2日)

急速に紅葉が進んで来ました。
オハツキイチョウは緑から黄緑へと変化をしており、日々、黄色が濃くなっております。
鐘楼前駐車場はシーズン最初から最後まで、きれいな色彩を見せています。
鐘楼を回り込んで、本堂・庫裡全景が見えるところは、モミジ・さくらが見頃です。
裏庭は、境内で最初に紅葉するところですが、今がピークに近いと言えるでしょう。
境内のドウダンツツジは徐々に赤みをましております。文化の日頃からが見頃でしょう。
オハツキイチョウ落葉は黄色になり切った後の大霜の後、落葉します。おそらく11月中旬以降でしょう。子宝お守りの『オハツキ』を拾うのはこの時です。
以上、11月1日現在の紅葉情報をお伝えしました。

3日は大変混雑が予想されます。
交通警備員の指示に従って車の移動・駐車等をお願いいたします。
林道の通行は対向車に十分留意されてご上山下さい。

紅葉情報 No.1

(記・2021年10月24日)

10月23日から『秋の内部拝観』が始まりましたが、今期は未だ紅葉が進まず色づいて参りません。
例年ですと10月下旬から紅葉のピークに向かうのですが・・・。
ここ数日の気温の急降下に期待をしたいと思います。
境内のライブカメラ画像をご覧くださり紅葉の進み具合をご確認下さい。


【写真①】10月23日の裏庭です。少し色が付き始めました。
【写真②】山門周辺もやや赤くなり始めました。

観光シーズンに向けて

(記・2021年10月9日)

昨年来の新型コロナウィルス感染拡大に伴い霊松寺も感染拡大防止のため観光的発信を控えておりましたが、昨今の感染者減少と『緊急事態宣言』終了の現状を鑑み紅葉情報等を発信致します。
とはいえ油断は禁物。第6波の再来を念頭にどうか慎重にご行動されます事をお願い致します。
紅葉には未だ至らず、境内のドウダンツツジがやや変化したかなという状況です。
本年の気候状況から10月下旬以降から紅葉が楽しめるかと思います。
当山HPライブカメラ情報と紅葉情報にご留意下さい。

秋の内部拝観日程

(記・2021年10月9日)

霊松寺本堂・庫裡を開放し建物内部を拝観して頂けます。
ご希望により『霊松寺観光ボランティア』がご案内と説明をさせて頂きます。
期間:10月23日(土)~11月7日(日)
拝観時刻:午前9時30分~午後3時30分
拝観協力金:おひとり様100円、ご協力願います。

☆午後3時を過ぎますと急速に気温が低下し、暗くなりますので早めの時間にご参拝下さい。
☆10名以上のご参拝ご希望は前もって寺務所(0261ー22ー0377)へご連絡下さるとよりスムーズにご案内出来ます。
☆時間外は境内散策をお楽しみください。
☆10月30日(土)~11月3日(水)は混雑が予想されます。
☆道路の渋滞と駐車場所については譲り合いの気持ちで対応下さいます様お願い致します。
☆交通警備員配備の際は誘導に従って下さい。
☆対向車にご注意くださりスピードは控えめに・・・。
☆館内拝観時にはマスクを必ず着用願います。

救世(くぜ)霊園開設

(記・2004年9月11日)

北アルプス一望の東山中腹に安らぎの地を・・・。
7月19日、救世霊園が開設されました
一区画 2m×2m (4㎡) 永代使用料 60万円
66区画使用者募集中です。
お問い合わせは0261-22-0377 霊松寺まで。